奥の細道・序文


タロット読み師のアドリアーナです。


先日の「1日1枚」のブログ記事 で小さな用紙に1枚だけ硬筆を書いていることをお知らせしましたが、1週間弱で奥の細道の序文をさらうことができましたので、藁半紙に通しで一気に書き上げてみました。



奥の細道・序文

松尾芭蕉



硬筆をやられていらっしゃる方なら当然ご存じですが、行の上下をきっちり揃えるのが本来です。しかし、中程の2行ほどわずかに短くなってしまいました。



俳句を確立させ、忍者説まである芭蕉先生の「さすらいたい」「じっとしていられない」「ソワソワする」感がよく現されたこの序文。


年をとると、モノや立場に執着するタイプ、もう何もいらないフットワーク軽くいたいというタイプ、その中間、いろいろでしょうが、あなたはどんなふうにこれからの人生を過ごしたいですか。


そんなことを考えさせられる奥の細道の序文です。


ざっくり内容:月日というのはまさに旅人。私も彷徨い歩きたい衝動が押さえられず、東京の自宅も引き払い旅に出る。その家には新しい住人が雛飾りなどして住むのだろうか。


水分はさまざまに形を変えていきます。

雲、霧、雨、雪、川、池、海


体のほとんどが水分でできている人間も、その時その時で姿形を変えながら、どんどん移動していくのが良いのでしょう。


澱み腐った水にならないように。



Stella Maris Adriana





タロット読み師、フォーチュンデザイナーのステラマリス・アドリアーナのブログ『アドレス address』です。addressとは、住所という意味だけでなく、「誰かに向ける言葉」「挨拶」「演説」などの意味があります。私の名前、adrianaに付いている『ad』という接頭語は様々な言葉に付け加えられて意味を強調する文字列です。それらを掛けて『アドレス address』というブログになっています。

address

タロット読み師 ステラマリス・アドリアーナ 東京・三軒茶屋、大阪・中之島 アトリエ2拠点で鑑定中。