仏語ランチレッスン



タロット読み師のアドリアーナです。


三軒茶屋店での鑑定期間中は休日なしで一日中店におりますため、あまり活動的なブログを書けないのですが、大阪店での鑑定期間中は京阪神での出張鑑定や通話鑑定なども多く比較的外に出ることが多いです^^


関西のみなさん、もっともっと出張に呼んでください!


今年からフランス人先生を東京と神戸でお願いしていることは度々書いていますが、今日のレッスンは阪急神戸線「六甲」駅近くにあるガレット&クレープ専門店のレストランで行っていただきました。


フランス人先生も「ここは美味しい!」とおすすめしてくださったので、先生と駅で待ち合わせて、



On y vas!! (さあ行きましょ!)



お店は、LE MARRON (ル・マロン)さんです

ガレットとクレープ+スープとドリンクのCセットを注文しました。


何がいいかって、ガレットやクレープは焼けるのが早いので出てくるのも早い!そして、もう見た目から絶対美味しいとわかる素敵なランチです。オーナーシェフの女性もパリ暮らしをされていたようで、いろんな雰囲気も素敵でした。満席に近かったのであまり店内を色々撮影できず、なので上記のリンク記事をご覧ください。


今日のレッスンは長文テキストは使用せず、会話のみ。


先生はフランス人ですが日本語も完璧なので、細かいニュアンスの確認ができて現地留学では得られなかったものがたくさんあります。そしてまたこの先生も、神戸大学に留学中です。


私は、留学中でも旅行中でもフランスで本当にたくさんの方に良くしていただきました。フランス人が冷たいとか意地悪とか言っている人は、一度自分の行動を振り返ってみてもいいのかもしれません。私は理不尽な目にも、意地悪な目にもあわされたことはないし、それ以上に親切な人に出会うことばかりでした。もちろん「犯罪」ということの危険性は日本より高いかもしれません。でもそれは「犯罪」であって、人が不親切で意地悪ということとは別の話です。


なので、日本に留学してきている学生さんに自分ができることをしたいと思っています。


すでにおひとり、お店で知り合った香港からの「日本大好き!」な女子留学生の「身元引受人」を5年前からしていたり(それによって、彼女は家が借りられて、ビザが下りて、日本企業で就職先も見つかりました)私がフランスで皆にお世話になったようなことを、誰かにさせてもらっている次第です。


社会人であり、自営業で時間や内容を自由にできる身分だからこそ、ただフランス語を自分のためだけに上達させることより、もっと回り回って皆に良いことがあればいいなと思っています。(どう考えても集中してフランス語の勉強をしたくない言い訳ですねw)


このフランス人先生もたくさんの夢や希望があるようです。

東京と大阪・神戸を行き来している私から何かひとつでも、きっかけをお作りできればいいな〜・・・



マルセイユタロットの使い手として、

本日のランチはフランスに心を駆せたひとときでした^^




今月アドリアーナがマスターしたおしゃれフレンチポップスはこちら↓


Stella Maris Adriana


タロット読み師、フォーチュンデザイナーのステラマリス・アドリアーナのブログ『アドレス address』です。addressとは、住所という意味だけでなく、「誰かに向ける言葉」「挨拶」「演説」などの意味があります。私の名前、adrianaに付いている『ad』という接頭語は様々な言葉に付け加えられて意味を強調する文字列です。それらを掛けて『アドレス address』というブログになっています。

address

タロット読み師 ステラマリス・アドリアーナ 東京・三軒茶屋、大阪・中之島 アトリエ2拠点で鑑定中。