愛情表現ってほんま難しいねん


タロット読み師のアドリアーナです。


毎年1月は長く感じる私ですが、2月は「思わせぶり」な月と感じます。少しづつ陽が長くなって、日中の太陽も明るく "春の兆し" を感じた途端、雪に見舞われたりして油断ならんな!もうダウンコート片付けるとこやったで!あっぶなーー!みたいな部分。



この「思わせぶり」が本日のお題です。



大体、関係などが「進まない」時に発生しているのが「思わせぶり」だということは多いですね。暖かくなったと思ったら真冬に逆戻りな2月と同じです。上げられて、落とされる、期待させといて、何もない、こういうのは「2月現象」と勝手に命名していいでしょうか。



大抵、「恋愛」にこの2月現象は発生します。


ええ、毎日たくさん恋愛鑑定をさせていただいているアドリアーナとしては、2月現象をどのようにタロットで解明し、御指南していけるかと頭が煮えるほど考えております。



まず、食べ物の好き嫌いは人それぞれ、アレルギーも人それぞれ、これと同じように個々の

「愛情表現」というのは様々多岐に渡ります。それはあなたが想像もできないような未知の表現方法もあるんですね。



だからまずは、お相手をよーーーーく観察することです。



ご自身が快適に感じるか、不快に感じるかは置いておいて(コレ大事)、



「なんだかいつも私にこんな態度だな」

「いつもこんなこと言ってるな」



みたいな些細な事柄をすかさずキャッチしてみてください。そして相手が "本気で" 離れていかないのであれば、もうそれは愛情表現と取って良いでしょう。


そこは、脳内に変換装置を自作して間に置いてですね、愛情に変換して受け取ってみると結構満足できるものです。


そんな作業や装置、いる??


と多くの方は感じるかもしれませんが、それを持つことができると見え方が変わるでしょう。ちなみに、アドリアーナはどんな愛情表現をするかというと、


(特に関西言葉で)相手をわらかしにかかる


です。やっぱり、「めっちゃおもしろい人」になりたくて学生のころから話術やツッコミや諸々頑張ってきたので、その発表をするのは愛情表現なんですね。



(そんなん、わかるか〜!)



でしょ!?

相手にすれば『単なるおもしろ姉ちゃん』で済まされることだってあり得るわけです。



あなたは誰かにどんな風に「愛情表現」しているでしょうか。あまり考えることがないかもしれませんが、自分がどうなのか考えてみると「好き」って言葉で言うだけが愛情表現じゃないことに気づくはずですよ。



Stella Maris Adriana

タロット読み師、フォーチュンデザイナーのステラマリス・アドリアーナのブログ『アドレス address』です。addressとは、住所という意味だけでなく、「誰かに向ける言葉」「挨拶」「演説」などの意味があります。私の名前、adrianaに付いている『ad』という接頭語は様々な言葉に付け加えられて意味を強調する文字列です。それらを掛けて『アドレス address』というブログになっています。

address

タロット読み師 ステラマリス・アドリアーナ ブログ『address』 東京・三軒茶屋、大阪・中之島 アトリエ2拠点で鑑定中。