うわべをなぞらず表現すること


タロット占いのアドリアーナです。


今日は午前中神戸で、フランス語のプライベートレッスンでした。神戸での先生は日本の国立大学で映画の研究をしているフランス人男性です。日本語も漢字もすごいレベルの先生です。


本日は私からのプレゼンテーションとして、自分で筆で半紙に大きく書いた故事「行雲流水」をお見せしながら、それについて長文の作文と、スピーチを少しやらせてもらいました。


先生は私のプレゼンをひとしきり読んで、聞いてくださって、「自分が色々研究をしているからこんな風に聞きたくなるのかもしれないけど、そのココロは?」とツッコミが入りました。



ああもう、本当によくわかっていらっしゃる。



私は、行雲流水の諺の説明と、漢字の説明と、そのような「文字通りの」「うわべの」説明描写をしていただけでした。初めて行った海外の学校で、自分の国を紹介するような、よくある国際文化交流の発表会のような、そういうイメージのことだけ語っていました。14、5歳ぐらいのやることですよね。。。


いつも自分が講師をさせていただいているタロット学校で生徒さんに、「タロットカードの意味を言うだけなら、人間じゃなくてアプリで十分なのでもっと持論やオリジナルの解釈などを加えながら奥行きのある言葉を出しましょう」と何回も申し上げている、それとまったく同じことをフランス人先生に指摘されたのです。


フランス人先生が、「この文字を書道で書いて、あなた自身が本当に言いたかったことを日本語で語ってください」とおっしゃるので、「行雲流水」から私がいつも皆様に語っている、人間の生き方の根幹や面白さのようなことを語らせていただきますと、メモを取りながらふむふむとお聞きくださり、「面白い。それこそ、フランス語で書いて、話すべきことです。次回の宿題!!」とおっしゃってくださいました。



アドリアーナはこのタロット占いのお仕事も、本名で自身の会社で手がけている仕事も、物事の本質に触れていき、そこをうまく料理して表現するような仕事です。ですので、外国語を学ぶにあたっても、「覚えるだけの外国語の勉強」でなく、もっと深いプレゼンテーションのレッスンを考えてくれるこの機会は「お値段以上」です。


同時に、私のタロット占いも今規定料金がありますが、それ以上の中身にしたいと思いますし、こうやってフランス人と「うわべの言葉レッスン」ではない時間を、自分にフィードバックさせていきたいです。


にしても、10年以上もサボってしまったブランクはかなりきついです。


日本語ばかり達者になって、フランス語が文章で繋がって出てきません。しかし今日も、「発音は完璧、本当によく勉強したんですね。日本人が苦手な発音が全部できていて、クセもない綺麗なトーク」と褒めていただきました。これは東京の先生にもおっしゃっていただけるので、本当に発音だけですね。。。


コツコツと積み上げていくしかありません。

何か習い事をされている皆様、アドリアーナとご一緒に頑張りましょう!!


うわべをなぞるのではなく、その後ろに隠れている事柄やエピソードをもっともっと表現して、自分の個性を磨いていけると良いですね^^


Stella Maris Adriana





タロット読み師、フォーチュンデザイナーのステラマリス・アドリアーナのブログ『アドレス address』です。addressとは、住所という意味だけでなく、「誰かに向ける言葉」「挨拶」「演説」などの意味があります。私の名前、adrianaに付いている『ad』という接頭語は様々な言葉に付け加えられて意味を強調する文字列です。それらを掛けて『アドレス address』というブログになっています。

address

タロット読み師 ステラマリス・アドリアーナ ブログ『address』 東京・三軒茶屋、大阪・中之島 アトリエ2拠点で鑑定中。