雪の舞う清水寺に


タロット読み師のアドリアーナです。


1月の東京鑑定を終えまして、関西に来て(戻って)おります。オミクロンまん防が東京にも大阪にも兵庫にも出まして、店舗鑑定よりも通話鑑定が増えています。


この日の午前中は、神戸大学の最寄駅、阪急六甲駅でフランス語のマンツーマンレッスン。先生は神戸大学に通う学生で映画の研究をしているそうですが、とても頭が良くて私にいつも「思考描写をフランス語でするように」言ってくれます。その感覚や大切さが、自分が学生の頃より今の私にとてもよく理解できます。



そして朝起きた時に「京都市内に雪が結構積もってる」ニュースを見ましたので、レッスン後そのまま阪急電車で京都へ向かいました。



京都市内の冬は寒いけれど、あまり雪が積もることは少ないですね。年に数回あるかないかで珍しいと思います。むしろ、私の住む芦屋市の裏手に伸びる「六甲山系」の方が降るかもしれません。六甲山上にはスキー場もあるぐらいです。(人工雪もだいぶ被せていますが)



色々な趣味があるアドリアーナですが、「写真撮影」もかなり好きで、NIKONの一眼レフを持って行きました。撮影としてどこへ行こうか車内で考えたのですが、白い雪やら坂やら寺社仏閣に京都一望、といえば清水寺です。



二寧坂




産寧坂(三年坂)




仁王門越しの京都市内




正面に京都タワー




清水の舞台




真っ白で綺麗な雪





四条大橋から鴨川を





鴨川沿いのお店




今回の京都の雪は解けるのが早いようでしたが、アドリアーナが清水寺に到着した時にはちょうど吹雪のように雪が降り出して本当に綺麗な景色が見られました。



白い雪が舞う中、清水の舞台、京都市街、小さいロウソクのように京都タワーが浮かび上がり、薄いグレーの世界の中の光が美しかったです。



午前中はフランス時間、午後は京都時間、そんな変化のある1日。




Stella Maris Adriana





本日の撮影スポット


タロット読み師、フォーチュンデザイナーのステラマリス・アドリアーナのブログ『アドレス address』です。addressとは、住所という意味だけでなく、「誰かに向ける言葉」「挨拶」「演説」などの意味があります。私の名前、adrianaに付いている『ad』という接頭語は様々な言葉に付け加えられて意味を強調する文字列です。それらを掛けて『アドレス address』というブログになっています。

address

タロット読み師 ステラマリス・アドリアーナ 東京・三軒茶屋、大阪・中之島 アトリエ2拠点で鑑定中。