店内の香りのご紹介 2021/11/14


タロット読み師のアドリアーナです。

三軒茶屋の店舗では、季節ごとに香りを取り入れています。ただし、ケミカルは一切NG。


春夏は、駅から徒歩で到着されて暑さを感じていらっしゃる場合にリフレッシュできるように、フランス製のミント、ラベンダー、ローズマリーの精油を数滴、小さなテラコッタの素焼きの猫に振りかけて吊るしています。


その精油のミックス具合に、「この香りはなんですか?めちゃくちゃいい匂いです」とおっしゃってくださる方が多く、そのまま、ミント、ラベンダー、ローズマリーの100%精油を2、3滴づつ落としただけです、とお知らせしています。


そしてこれからの季節は、精油ではなくモイストポプリを置いています。




イタリア・フィレンツェの修道院、サンタマリア・ノヴェッラのポプリです。


一見、腐葉土?茶殻?と見紛うようなビジュアルですが、フィレンツェに育つ植物の花びらや、葉っぱなどを様々なスパイスや精油でモイストに仕上げてあります。


もうこの香りは、修道院であり、ヨーロッパの古い石造りの高級ホテルであり、男女老若男女問わず、の名品ですよね。寝室でもリビングでも玄関でもいいし、食事との相性も良いのでダイニングで香っていても素敵。


お部屋やお店に置く香りとして、まずこれを置いておけば間違いない、品格の上がる香りとしてアドリアーナからも強くおすすめできるポプリです。防水の紙パッケージに詰め込まれているので、ガラス瓶やお皿に小分けしています。この茶殻のような地味なビジュアルもインテリアの邪魔をせず、そっと置いておけるのも良いところ。


ぜひご来店された際にはイタリアの修道院の香りをお楽しみくださいね。


2021年11月の三軒茶屋鑑定は17日までです。

明日、週明け月曜日からもよろしくお願いいたします。



Stella Maris Adriana



今日のおすすめ





タロット読み師、フォーチュンデザイナーのステラマリス・アドリアーナのブログ『アドレス address』です。addressとは、住所という意味だけでなく、「誰かに向ける言葉」「挨拶」「演説」などの意味があります。私の名前、adrianaに付いている『ad』という接頭語は様々な言葉に付け加えられて意味を強調する文字列です。それらを掛けて『アドレス address』というブログになっています。

address

タロット読み師 ステラマリス・アドリアーナ 東京・三軒茶屋、大阪・中之島 アトリエ2拠点で鑑定中。